平方根基礎1

1. 次の数の平方根を求めなさい。(平方根が存在しないときは「ない」と書くこと)

① 4 ② 32③ 16 ④ –9 ⑤ 121 ⑥ (–7)2 ⑦ 0 ⑧ x4

2. 次の数の平方根を求めなさい。(ただし、x>0, a>0とする)

① 144 ② 36 ③ 3 ④ 5 ⑤ 1 ⑥ x ⑦ ax ⑧ x6⑨ a2x2

3. 次の計算をしなさい。

3×22×52×73+33⑤ 32-422×218×227×32×812÷421÷372÷2

4. 次の文でまちがっているものに×、あっているものに○をつけなさい。

(1) 4の平方根は2だけである。
(2) 0.09の平方根は0.3と–0.3である。
(3) x2の平方根はxと–xである。
(4) 根号(ルート)の中が負になることもある。
(5) xが正の数であればxの平方根は x と-x である。

1

① ±2  ② ±3  ③ ±4  ④ ない  ⑤ ±11  ⑥ ±7  ⑦ 0  ⑧ ±x2

2

① ±12  ② ±6  ③ ±3  ④ ±5  
⑤ ±1  ⑥ ±x  ⑦ ±ax  ⑧ ±x3 ⑨ ±ax

2

6  ② 10  ③ 14  ④ 43  ⑤ -2  
⑥ 2  ⑦ 6  ⑧ 9  ⑨ 4  ⑩ 3  ⑪ 7  ⑫ 6

4

(1) × (2) ○ (3) ○ (4) × (5)○