グラフと四角形

次の問いに答えよ。

直線m上に点A, 直線n上に点D、x軸上に点B,Cをとり 長方形ABCDをつくる。直線mの式がy=2x, 直線nが y=− 1 2 x+14 である。点Aのy座標をpとする。
点Aのx座標をpで表わせ 点Dのx座標をpで表わせ 辺ABの長さをpで表わせ 辺ADの長さをpで表わせ ABCDが正方形になるときのpの値を求めよ。
x y O A B C D m n

図で、直線mは y= 2 3 x+2 、直線nはy=−2x+13である。 点A,Bがy軸上にあり、点Cが直線m上、点Dが直線n上にある。 ABCDが正方形になる時の点Dの座標を求めよ。 m n A B C D

図で直線mはy=2x-6, 直線nは y=− 2 5 x+6 である。 点Aは直線m上、点Dは直線n上にあり、点B,Cはともにx軸上にある。 長方形ABCDで辺の比がAB:AD=1:3となるときの点Aの座標を求めよ。 A B C D m n


1 2 p −2p+28 p 5 2 P+28 p=8
(3,7)
(4,2)