文字式の利用

図のようにマッチ棒を並べて三角形をつくっていく。

図では三角形が3つ作られている。このときに必要なマッチ棒の数を答えよ。

三角形を1つ増やすためには、マッチ棒を何本増やせばよいか。

三角形をx個作るために必要なマッチ棒の数をxを用いた文字式で表わせ。

十の位の数がx, 一の位の数がyの2けたの数を文字を使って表せ。

次の数量の関係を等式で表わせ。

xの3倍から5を引くとyになる。

縦10cm, 横xcmの長方形の面積がycm2になる。

1冊100円のノートx冊と、1個80円の消しゴムy個買った時の代金の合計が700円だった。

はじめにx個のアメがあった。そこからy個食べたら残りが12個になった。

A町からB町まで6000mある。A町を出発して毎分xmで30分間歩いたときの残りの距離はymである。

次の数量の関係を不等式で表わせ。

1個120円のケーキx個と、1個90円のプリンy個を買った時の代金が1000円以下だった。

xmの道のりを毎分80mで歩いたら、かかった時間は15分未満だった。


7本 2本 2x+1


10x+y


3x−5=y 10x=y 100x+80y=700 x−y=12 6000−30x=y


120x+90y≦1000 x 80 <15